のぼりの形状について

のぼりは古く邪馬台国時代から起源となっていたものが用いられその後3世紀頃には現在の物に近いのぼりが出来上がっていました。

3世紀より用途は変わっていったものの現在でものぼりの形状は長方形のものが受け継がれていましたが現代になり目的が集客や宣伝など商用に多く使われる様になってから新しいデザインの物も増えてきています。

形状はそのままに商品写真をそのまま掲載してプリントされている物も有ります。

これは売り出したい商品や新商品などが発売開始されると人々に注目を集めてもらう為に店舗などが制作しており食べ物などはやはり人目に付きやすくのぼりの効果で売れ行きも上がりやすくなると言われています。

他にも形状そのものが変化してヨットの帆の様になっているものなどはデザイン性も高くやはり注目されやすい形状です。

形状を変化させたのぼりについては魚の尾ひれのようにカットされたものや野球のベース状にカットされた物、カーブを描く様に上部又は下部がカットされたもの等が有ります。